岩倉きぼうクリニック

ロゴ

美容機器一覧

  1. Home
  2. >
  3. 美容機器一覧

美容機器一覧

GentleMax Pro Plus

(ジェントルマックスプロプラス)

脱毛

肌のハリ・つや

そばかす

薄いシミ

ほくろ

くすみ

ニキビ

特徴

・濃い肌の方や男性のヒゲ脱毛に効果的
・残りやすい産毛などの細い毛により高い効果
・ダウンタイムが少ない
ジェントルマックスpro
当院では、最新の脱毛器として「GentleMax Pro Plus」を採用しています。この機器は、厚生労働省が認可したジェントルシリーズの最新モデルであり、2022年3月に発売されています。熱破壊式といわれる脱毛方法で、755nmと1,064nmの2つの波長を備えています。755nmの波長は、メラニン色素に反応し、毛周囲の毛包・毛乳頭部に作用することで脱毛効果を発揮します。一方、1,064nmの波長は、表皮のメラニンにほとんど影響を与えず、深部の毛根にダメージを与えることができます。このため、濃い肌の方や男性のヒゲ脱毛に効果的です。
当院のGentleMax Pro Plusは、従来機種であるGentleMax Proでは難しかった、2msという短いパルス幅で照射することが可能となっています。GentleMax Proでは3msのパルス幅でしたが、2msになることで同じ熱量でレーザー照射した際の一瞬のパワーが強まります。これにより脱毛の最終段階で残りやすい産毛などの細い毛により高い効果が期待されます。

レーザーフェイシャルとは

755nmのレーザーを使って顔全体にレーザーを照射することで脱毛の効果だけでなく、そばかす、薄いシミ、くすみ、ほくろを改善する方法です。この治療はかさぶたなどのダウンタイムがほぼない治療で、お顔全体のトーンアップが期待できます。お仕事などへの影響を心配される方や、美容医療を何から始めてよいか迷っている方へオススメです。
また、皮膚深部に光エネルギーによる熱作用を加えることによって、創傷治癒機転をおこし、コラーゲン等の再生を促すことによって皮膚のリジュビネーション(若返り効果)を促します。 レーザーフェイシャルについても最新機種となり、パルス幅を2msとできることで、しみを薄くする効果もより上がっているのではないかと、私は考えています。

ジェントルマックスプロプラス

レーザーフェイシャルのニキビへの効果

こちらも私個人の意見となりますが、くりかえすことでニキビが改善してくる方も多い印象を受けています。 詳しい理由ははっきりしませんが、脱毛効果に加え、レーザーによる熱でにきび菌が殺菌されること、毛穴の詰まりがとれることが理由と考えられています。

治療後

照射直後は赤みが出ますが、数時間で改善します。シミに反応したところが一時的に薄いかさぶたとなることがありますが1週間程度ではがれます(かさぶたにならないこともあります)。 1ヶ月から2ヶ月に1回、5〜6回照射が標準的な治療になります。

治療

治療時間は顔全体で15分ほど。照射時には輪ゴムではじかれる程度の痛みがあります(痛みには個人差があります)。
また同時に脱毛効果もあります。

治療に伴うリスク

初回治療および2回目の治療後に毛包炎が起きることがありますが、通常数日で自然治癒します。
日焼け後や皮膚の黒さがつよいやけどのリスクがあります。
まれに硬毛化といって、毛が濃くなることがあり、その場合にはレーザー照射を原則中止します。

シルファームX

-肌の奥を優しく育てる肝斑治療の革命児-

肝斑・くすみ

毛穴

赤み

肌のハリ・つや

小じわ

特徴

・肝斑治療に高い効果
・白斑を生じるリスクが少ない
・お肌の奥から改善
シルファーム
シルファームXは、肝斑治療の分野で大きな進歩を遂げた技術です。従来のシミ治療方法では、茶色いメラニン色素を破壊して除去することが一般的でしたが、この方法では色素沈着の問題がありました。特に、30~60歳の女性に多い「肝斑」の治療は難しく、従来のレーザー治療では刺激による炎症で、肝斑が悪化することがありました。肝斑を悪化させないほどの弱いレーザーで徐々にメラニンを破壊する治療で、トーニングというよい治療があります。しかし、白斑を生じるリスクがあり、一度発症すると治療が難しいことが悩みの種でした。

シルファームXは、従来のレーザーや光治療とは異なるアプローチを取っています。この技術では、皮膚内部の環境を整え、シミを作りにくくすることを目指しています。皮膚に細い針を使用し、皮膚内部に優しく電気を通すことで、異常な血管の増殖を抑え、炎症で乱れてしまった表皮基底層を整え、肝斑やくすみを改善します。特にシルファームXは針を0.3mmという絶妙な深さに挿入し、表皮基底層を整えます。また0.3mmというかなり浅い部分に、肝斑を悪化させないように優しく針を刺すため、肝斑のみを目的とする場合は、外用麻酔なしでも治療を受けられる方もいます。
肝斑・くすみだけでなく、毛穴、赤み、肌のハリ・つや、小じわへの効果も期待され、肌の奥から皮膚をよくしたいという方にオススメです。肝斑以外を目的としてシルファームXを行う際は、針を0.3mmより深く刺す必要があるので、外用麻酔の使用を勧めさせていただきます。

治療のリスク

針の深さによっても変わりますが、赤み、出血、疼痛、かさぶた、皮下出血、にきびの悪化、やけど、腫れ、場合によって肝斑の悪化、白斑
【注意事項】
・施術当日はお湯のみの洗顔としていただき、メイクや通常のスキンケアは翌日から可能です。擦るなど刺激は避けてください。
・施術前後1~2週間は、ピーリングやスクラブ製品を使用しないで下さい。
・眉下も施術される場合、まぶたの開きにくさや重たさを感じる事があります。

ルビーフラクショナルレーザー

(Q-plus EVO)

尾張北部で初導入!
顔全体のしみ改善、顔全体のトーンアップに

尾張北部で初導入!
顔全体のしみ改善、
顔全体のトーンアップに

しみ

そばかす

特徴

・皮膚に優しく照射が可能
・顔全体に多発している小型で薄いしみに
ルビーフラクショナルレーザー

イタリア・Quanta System社のQスイッチルビーレーザーです。ルビーレーザーの波長694nmはシミの茶色いメラニンと相性がいい波長です。正常な皮膚や血管にはほとんど吸収されず、正常な組織へのダメージを抑えながら、シミ治療が可能です。
この機器は数あるQスイッチルビーレーザーの機器の中でも、フラクショナルレーザーという特殊なモードができることが特徴です。
通常のQスイッチルビーレーザーが面状に照射されるのに対して、ルビーフラクショナルレーザーでは、点状・ドット状に照射されるため、より皮膚に優しく照射が可能となります。

Qスイッチレーザー、ピコレーザーによるしみ治療で一番ネックであるのは、治療後1か月ほどで出現し、改善に半年~1年必要な黒ずみ・色素沈着でした。
ルビーフラクショナルレーザーは、点状・ドット状に皮膚にやさしく照射されるため、Qスイッチレーザー、ピコレーザーよりもシミに対しての効果・破壊力は下がります。
効果は下がりますが、マイルドな照射のため、治療後の黒ずみ・色素沈着の頻度が軽減できるのではないかと考えています。

ルビーフラクショナルBefore
ルビーフラクショナルAfter

治療のリスク

1週間ほど発赤と、ドッド上の細かなかさぶたが付着します。マイルドな治療ですが、肝斑は悪化するのでご注意ください。
その他、内出血、痛み、色素沈着、ごくまれに白抜けする可能性もあります。
【注意事項】
しみに隠れてわかりずらくなっていた肝斑が、レーザーの刺激で色が濃くなることがあります。
しみ治療1か月程で出現する黒ずみ・色素沈着は軽減できるのではないかと考えていますが、レーザー照射後1週間は必ず赤み・ドット状のかさぶたがつきますので、ダウンタイムがある治療です。結婚式など治療後に大事なイベントが控えている方はご注意ください。
痛みもしっかりあるため、外用麻酔を行う方が多いです。

UAL3000DP(CO2レーザー)

いぼ

厚みのあるしみ

顔や首などにある、いぼや、厚みがあって通常のしみとりレーザーでとれないしみを除去するために使用するレーザーです。
ウルトラパルスモードがあり、熱による周辺の皮膚組織へのダメージを抑えて、施術を行うことが可能です。
co2
【注意事項】
いぼとり放題では、ぬり薬の麻酔を使用することが多いです。
1~2週間ほどでかさぶたがとれ、グレーがかった色素沈着となり、その後キレイな皮膚となってくることが多いです。
上部へスクロール